50代60代からのファッション・生き方レッスン帳

50代以上の大人ファッション専門家・パーソナルスタイリストの野本しょうこによるブログです。自分の時間ができて、人生を楽しみたい大人の皆さまや親孝行したいお子様世代へ向けた情報をお届けしています。

MENU

おしゃれな着こなし(コーディネート)に欠かせない3つの要素とは?

シニア専門パーソナルスタイリストの野本しょうこ です。

 

私のブログを読んでいただいている方は、きっと「おしゃれになりたい」「年を重ねても素敵な洋服を着て、毎日生き生きと過ごしたい」と考えている方が多いと思います。

 

ところで「おしゃれな着こなし(コーディネート)」には、何が必要だと思いますか?

 

・・・天性のセンス?

・・・センスを身につけるため、たくさん服を買うお金??

 私も昔はこのように思っていたのですが、答えはいずれも NO です。

  

ファッションのコーディネートは

①色

②形(洋服のシルエットのこと。直線的/曲線的、ボリュームがある/ない等。柄についても用いられる。)

③素材(洋服の生地が持つ風合いや見た感じの印象。重い/軽い、厚い/薄い、光沢がある/ない、凹凸がある/ない等)

 

この3つの要素をうまく調和させながら、どれか1つの要素に変化をつけると簡単におしゃれに、センス良く見せることができるのです。

 

例えば、こちらのコーディネート。

f:id:nomoto_shoko:20171027023136p:plain

 

非常にシンプルでこれはこれで素敵なのですが、白シャツ+ジーンズ+スニーカーという王道のコーディネートで「センス良く見えるか」と聞かれると、無難と答える方が多いと思います。

 

そこで修正したのがこちら。※ジーンズだけ①~③すべて固定。

①色を変えてみる

f:id:nomoto_shoko:20171026234314j:plain

まずは洋服や小物の「色」を変える方法です。シャツとジーンズはそのままで、靴の色だけ変更しました。

(※形や素材はまったく同じものではありませんが、変更されているアイテムは、極力近いものを選んでます。②③も同じ。)

同系色の帽子でアクセントもつけ、修正前と同じカジュアルスタイルでも、手抜き感が無くなりましたね。

 

②形を変えてみる

f:id:nomoto_shoko:20171026235130p:plain

 

次は洋服や小物の「形(=シルエット)」を変更する方法です。綿シャツをレースが使われた綿カーディガンに変更。靴も同じスエード素材ですが、ブーツ型に変えることで、全体的に女性らしい雰囲気に変わりました。

 

③素材を変えてみる

f:id:nomoto_shoko:20171026235813p:plain

最後は洋服や小物の「素材」を変える方法です。綿シャツを幾何学模様の入った白シャツへ変更。靴はスエードではなく、光沢感のある素材へ変更しました。他のコーディネートと比べるときれいめでスタイリッシュな雰囲気になりました。

 

こんな風に定番の着こなしも、色・形・素材のどれか1つに変化を持たせると、実は簡単におしゃれに見せることができるのです。

よくファッション誌で「はずしコーデ」という言葉が使われるのですが、まさにこの「変化」を指しているのです。

 

ご自宅に「色が派手」「一目ぼれして買ってみたけど、手持ちの服と合わなかった」という理由で長い間眠っている洋服や小物が、実は着こなし次第では良い「はずし」として活躍することがあります。

  

~お手持ちの洋服がより引き立つ着こなし方、似合わない洋服の活用方法、必要な洋服と不要な洋服の選別など、ご自宅に直接お伺いの上、アドバイスさせていただきます!~

お問い合わせはこちらまで

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。