これからファッション~Korekara Fashion~

これからファッション~Korekara Fashion~

「これからの人生どう楽しもう?」「どう生きていこう?」そんな思いを抱えるオトナの男性女性の皆さまへ。 50代からの個人向けファッションスタイリストがお届けするブログです。

「これからの人生どう楽しもう?」「どう生きていこう?」そんな思いを抱えるオトナの男性女性の皆さまへ。
50代からの個人向けファッションスタイリストがお届けするブログです。

シニア専門スタイリストのイベントレポート/人生100年時代を充実させる2つの提言

個人向けファッションスタイリストの野本しょうこです。

50歳~100余歳の皆さまが、おしゃれをキッカケに「人生が楽しく、豊かになる」お手伝いをしています。 

自己紹介はこちらから⇒ はじめまして - これからファッション~Korekara Fashion~ 

 

 

今日は人生100年時代」をテーマに、

”娘世代の私から、皆さまへ生き方・暮らしの提案" になるお話を書こうと思います。

 

これからの人生の過ごし方・楽しみ方を考えて、このブログをお読みいただいてる皆さまに、少しでも役立てれば幸いです。

 

 

ワールドカフェに参加してきました

先週nonowaラボでご一緒に講師を務めております、スキルノート・芦沢さん(http://skillnote.hatenadiary.jp/)の講座に参加してきました。

*nonowaラボって何?と気になった方は、こちらの記事をご覧になってくださいね⇒ 

【お知らせ】2019年4月よりnonowaラボにてファッション講座を開講します! - これからファッション~Korekara Fashion~

 

 

今回参加したのは「ワールドカフェの進め方」という講座です。 

 

ワールドカフェとは・・・

多くの人数、かつ限られた時間の中で、参加者全員が1つのテーマについて自分の意見を話し、相手の意見を広く聞くことのできる、ディスカッション手法

1グループ3~4人に分かれ、10分×3回で1つのテーマについて、意見交換をします (各回でテーブルホストの1名以外のメンバーは変わります)

 
この講座ではワールドカフェを実際に体験し、自分が運営側として実施をする際の留意点やコツも学びました。

 

 

f:id:nomoto_shoko:20190607010952j:plain

写真はワールドカフェ実施中に、気になった意見を参加者がメモ書きしたもの
こうやって模造紙にキーワードを書く作業をしながら、意見の共通点を探したり整理をしていきます

 


そして、この日のワールドカフェのお題が冒頭でも触れた 

人生100年時代を充実して過ごすために大切なことは何だと思いますか?」

 
このお題を元に、あれこれ思うこと考えることを参加者で話し合ってきました。

 

ワールドカフェの中で出た意見は、どれも興味深いものばかりでしたが、「これからの生き方・暮らしのヒント」として特に皆さまに紹介したいのが次の2つです。



人生100年時代を充実して過ごすための2つのヒント

その1:自律=自らを律して、好奇心や興味を持ち続けること 


「人生を充実したものにするには、いくつになっても学び続ける意欲を持ち続けるのが大切」

とある参加者が発言をしまして。

 

「じゃあその意欲はどこから来るのだろう?」


「目的がないと、学ぶ意欲も出ないよね」


「じゃあ目的意識はどうすれば持てるの?」


・・・と、皆で意見を出し合っていき、


最終的に目的を持つためには、

「自ら意識して、好奇心や興味を持ち続ける姿勢が大切」

という意見で一致しました。

 


地域でのボランティア活動や大学で学びなおしている方。

私のお知り合いにも定年後、積極的に活動している方がいますが、皆さんに共通して言えるのが

 

「好奇心・興味がつきない」 ということです。

 


好奇心・興味があると、「これを学んでみよう、調べてみよう、ここに行ってみよう」と行動につながります。

 

そこでまた新たな発見や、共通の関心を持った人との出会いも生まれますよね。

 


一方で特に男性に多いですが、これまで仕事一筋でいざ定年を迎えると

 

「やりたいことが特にない」

 

という声を聞くことがあります。

 

 

でも私は「好奇心・興味がない人はいない」と思うんです。

 

 

単に「これまで仕事中心で、好奇心・興味のアンテナの感度が少し下がってしまっているだけ」だと思うのです。

 

 

私の父を例に出すと、父は上に書いたような仕事以外の興味関心がない、世間で言ういわゆる「無趣味人間」。

 

会社勤めの時から

・運動しない

・土日は外に出ない

・知らない人が多くいる場に行くのが好きじゃない

という人でした(苦笑)


 

でもそんな父親も観察していると、運動や人付き合い関係以外に、得意なことや興味・関心が見えてきます。

 

父はスーパーで買う食料品や日用品、家電をいかに安く買うか、どこに行けば最もお得に入手できるか、「お得」に関するリサーチ力がすごくて。

 

家電量販店ではお抱えの店員さんまでできるほど仲良くなり、

私が結婚したとき、店員さんをデパートの外商さんのごとく半日独り占めにしてくれたおかげで、必要な家電を「お得に」一度で揃えることができました。

 

父の場合、こういった「情報収集」が好きなので、これをヒントに好奇心や興味の方向を広げていくのが良いということです。

 

父のように、日頃自分が当たり前と思ってやっている行動も、 

他の人がマネできない得意なことであったり、それが好奇心・興味につながるかもしれません。

 

「アンテナが下がってしまっているなぁ」と感じた方は、ご家族やご友人に

 

「自分って何が得意?」

「何が向いてると思う?」

 

と尋ねてみるといいかもしれませんね。

 


その2:「人生において働くとは?」と自らに問い直してみる


こちらは最近、転職をしたという参加者のご意見。


この方は転職活動中にキャリアアドバイザーに

「キャリアチェンジするのも大事だけど、その前に一度ライフチェンジを考えてみてはどうですか?」と言われたそうです。

 

 

”仕事中心で人生を考えるのではなく、人生から仕事とは?見つめなおす”

 

このような「ライフチェンジ」の視点で仕事を見ると、転職活動でも意外な仕事が候補に挙がり、うまく行くことがあるんだそうです。

 

 

ライフチェンジの視点は、人生100年時代を考えるにあたっても応用できますよね。

 

転職に成功した参加者の方も、

 

例えば、節目の人生半分にあたる50歳で、

「人生において仕事がどのくらい大切なのか?」

「仕事以外に大切にしたいことはあるのか?」と自らに問い直してみる。

 

仕事なのか、地域貢献なのか・・・方向性を固め、予め準備していけば、いざ定年になっても慌てずに済むのでは、とお話されてました。

  


まとめ


いかがでしたでしょうか。


ワールドカフェの講座から得た「人生100年時代を充実して過ごすための2つのヒント」を紹介しました。


人生100年時代。せっかく長く生きるのであれば、毎日を楽しく過ごしたいと思うものですよね。


少しでも、今日の記事がこれからの生き方を考える皆さまのお役に立つと嬉しいです。