これからファッション~Korekara Fashion~

これからファッション~Korekara Fashion~

「これからの人生どう楽しもう?」「どう生きていこう?」そんな思いを抱えるオトナの男性女性の皆さまへ。 50代からの個人向けファッションスタイリストがお届けするブログです。

「これからの人生どう楽しもう?」「どう生きていこう?」そんな思いを抱えるオトナの男性女性の皆さまへ。
50代からの個人向けファッションスタイリストがお届けするブログです。

【50代60代・服の合わせ方でお悩みの方必見】プロ直伝!コーディネートの基本

個人向けファッションスタイリスト(パーソナルスタイリスト)の野本しょうこです。

プロのスタイリスト目線×子供目線から、親世代にあたる大人が素敵に見える服選びやおしゃれの情報を発信しています。

 

自己紹介はこちらから⇒ はじめまして - これからファッション~Korekara Fashion~ 

 

 

今日は「コーディネート(=服の組み合わせ方)の基本」をテーマにお話をしたいと思います。

 

 

こんな方にぜひお読みいただきたい記事です!

  • おしゃれにきまった!と思って着たはずの服なのに、友人や家族に「今日はやけに派手だね~」「なんか地味じゃない?」と言われることがある
  • パーソナルカラーや骨格診断・・・似合う服を着ることが大切なのはわかっているけど、自分の「好き」もうまく取り入れておしゃれを楽しんでいきたい
  • いくつになっても服選びを楽しみたい!だからこそ、この先も役立つおしゃれの基本を今知っておきたい

  

どの学びにも共通して言えることですが、何かうまくなりたい・上達したいことがあれば、まずは基本から入りますよね。

それはおしゃれでも同じです。

 

 

一枚で素敵なお洋服も、おしゃれに決まるかどうかは「組み合わせ方しだい」で変わります。
ですので服の組み合わせ方、つまり「コーディネートの基本」を知っておくことは、おしゃれにとっては大切なことです。
また基本を知っておけば応用が効くので、苦手なアイテムをうまく着こなせたり、「似合う」と「好き」を両立させたワンランク上のおしゃれを楽しむことができます。

 

 

これからお話しする「コーディネートの基本」は、私もお客さまや撮影現場でのスタイリングを考えるときに必ず使っている考え方です。

そんなプロのワザを服の合わせ方にお悩みの方へ・・・特別に伝授したいと思います!

 

 

 

コーディネートの基本:3つの要素とは?

では早速「コーディネートの基本」に入っていきたいと思います。

 

コーディネートは、この3つの要素で成り立っています。 

  1.  色
  2.  形(=シルエット)
  3.  素材

 

3つの要素を「いくつ変える」かでまとまり感や個性の強さを調整できる

コーディネートをする時

色・形・素材それぞれの要素を統一させる(=共通点でまとめる)と全体にまとまり感が出て


色・形・素材それぞれの要素に変化をつける(=反対のものをぶつける)と面白みがあって個性的なコーディネートとなります。

 

 

【まとまり感のあるコーディネート】

  • 色⇒ 同色系でまとめる(例:青系、赤系)、明暗をまとめる(例:明るいグレー+明るいブルー、暗い赤+暗い茶)
  • 形⇒ 似たシルエットでまとめる(例:全体的にゆったりめのシルエットにする、Vネックにストレートパンツのように直線的なシルエットにする)
  • 素材⇒ 似た素材でまとめる(例:光沢感のある素材でまとめる、編み目が細かい素材でまとめる)

 

【個性的なコーディネート】

  • 色⇒ 同色以外の色で合わせる(例:青と茶、緑と紫)、明暗に差をつける(例:明るいグレー+暗い青、ピンク+暗い茶)
  • 形⇒ シルエットに差をつける(例:上をゆったりめ+下を細身、上をVネック+下をフレアスカートで曲線的なシルエットに)
  • 素材⇒ 素材に差をつける(例:上を光沢感のある素材+下を光沢感のない素材)

 


そしてこの3要素を「全てそろえるのか/一部だけ変えるのか/全て変えるのか」によって、コーディネートのまとまり度合いや個性の強弱を調整することができるのです。

いとつなぐ コーディネート

まとまり感や個性の強さは「地味や派手」にとらえられることも

全ての要素をそろえて「まとまり感を強く」、全てを変えて「個性を強く」するコーディネートは決して悪いわけではないのですが、

別の見方をすれば、まとまりは「地味」個性の強さは「派手」と受け取られることも。

 

 

ですので

 いつも「地味」と言われてしまう人は全ての要素をそろえすぎていないか

 いつも「派手」と言われてしまう人は全ての要素を変えすぎていないか

日ごろのコーディネートを思い返してみましょう。

 

おしゃれなコーディネートを目指すなら変えるのは2つまで

f:id:nomoto_shoko:20191106212030j:plain

地味すぎず派手すぎない、適度におしゃれなコーディネートを目指すならば、変える要素は2つまでにしておくのがオススメです。

 

 最初は1つの要素どれか決めて、その要素だけ変化をつけることを意識して
 徐々に慣れてきたら、2つの要素に変化をつけて楽しむのがいいと思います。

 

普通なコーディネートをおしゃれに変えてみる

では、実際にコーディネートの3つの要素を変えていくと、どのように変化するのか?事例をみていきましょう。

まずはこちらをご覧ください。

いとつなぐ コーディネート

 

こちらのコーディネートは

  • 色⇒ ジーンズとバッグは青系で、色の濃さも近い
  • 形⇒ 全体的に細身で直線的なシルエット
  • 素材⇒ 生地の編み目がデコボコしてない(フラットな目)

と各要素が共通点でまとめられています。

まとまり感の強い、ある意味シンプルないたって普通のコーディネートです。

 

 

今からこちらのコーディネートの要素を1つずつ変えてみましょう。

 

① 1つ変えてみる

いとつなぐ コーディネート

  • タートルTシャツ:水色に変更
  • バッグ:茶色に変更

 
まずは「色」を変えてみました。

 

タートルTシャツは、ジーンズの濃い青と明るさを反対にしました。

またバッグは黄色みのある茶色なのですが、黄色は青の反対色(補色)と言われ、一緒に合わせることで両方の色を目立たせる効果があります。

簡単に言うと「差し色」というやつです。

色が暗めなので、それほど目立つ感じではありませんが、最初に比べればバッグの色がアクセントになっているかなと思います。

 

② 2つ変えてみる

いとつなぐ コーディネート

 

  • タートルTシャツ:編み目に凹凸があるセーターに変更
  • バッグ:スエード素材に変更

 

次は「素材」をがらっと変えてみました。

 

タートルTシャツとバッグの生地を編み目がフラットのものから凹凸や起毛感のある素材に変え、デニムの素材感と差をつけました。
バッグもより黄色みの強い色にして、コーディネートのいいアクセントに。

 

最初のコーディネートと比較してみるとこんな感じです。

いとつなぐ コーディネート

大人の休日カジュアルコーデといった雰囲気になりました

 

このようにコーディネートの基本である「色・形・素材」の要素のなかで


「そろえる部分をそろえて、変える部分は変える」

 

とメリハリをつけることで、バランスの取れたおしゃれなコーディネートを作ることができるのです。

 

 

まとめ

今回は「おしゃれになるにはまず基本から」ということで、コーディネートの基本についてお話させていただきました。

  

コーディネートは「色・形・素材」で成り立っていて、そのうち1つか2つの要素に変化をつけると、簡単にバランスの良い、おしゃれなコーディネートに仕上げることができます。

  

この基本を知っていれば

  • 苦手なアイテムでも「形があまり得意じゃないけど、色と素材で合わせて着てみよう」と自分にあった着方ができる
  • 「色は自分に似合う色ではないけど、形と素材をなじませればいいよね」と応用が利くようになります

 ぜひ持っている洋服であれこれと組み合わせを考えて、コーディネートを楽しんでくださいね。

 

 

もしこちらの記事を気に入っていただいたら、Informationの下にある、記事のシェア・ブログのフォローボタンを押していってくださいね⇓⇓⇓

 

 

私が「50~100余歳専門のファッションスタイリスト」になったワケ(私の想い編)

個人向けファッションスタイリスト(パーソナルスタイリスト)の野本しょうこです。

プロのスタイリスト目線×子供目線から、親世代にあたる大人が素敵に見える服選びやおしゃれの情報を発信しています。

 

自己紹介はこちらから⇒ はじめまして - これからファッション~Korekara Fashion~ 

 

”私が「50~100余歳専門のファッションスタイリスト」になったワケ” と題し、この仕事を始めた経緯を、2回に分けてお届けしております。

 

本日は後編にあたる<私の想い編>。

どのような想いから、私が「50~100余歳専門のスタイリスト」として活動するようになったのか

その原点にあたる自分の想いを中心にお話したいと思います。

  

▼前編はこちらからどうぞ▼

nomoto-shoko.hatenablog.com

 

 

街なかの高齢者を見て思ったこと

スーパーで働いていたころ、母親から服の相談を受けるようになった私は、

 

「他の人たちはどういう服を着ているんだろう?」

「また相談された時や、自分の仕事の役にも立ちそうだから、街なかに行ってチェックしてみよう!」

 

そう思い立って、母と同世代や年配の方たちの服を街なかで見てみることにしました。

 

早速街なかで観察を始めると、すぐに気になったことが。

 

 

高齢者の服装が とにかく暗い、とにかく派手の、どちらか両極端。

 

 

街なかを見渡すと 、「くすんだ色」もしくは「派手で目立つ柄やビビットな色」を着ている人ばかり。 

服のサイズも合っていなかったり、服の合わせ方もチグハグ。

また姿勢の問題もあるでしょうが、みんな丸くなった背中で下を向いて歩いていて、なんだか元気がなさそう・・・。

 

私にはこんな風に見えたのです。

 

 

前編の話で触れたように、母親はカジュアル好きで、20代の若者向けのお店でも服を買うような人でした。

 

そんな母が年相応の服を「着たくない」と言うのは、服のデザイン以外の理由もあるのかもしれない・・

街なかの光景を見ながら、私はそう思いました。

  

 

そして 自分自身に考えをめぐらせて、

 

「自分も将来こういう服を着なくてはいけない日が来るのか・・・」

「これからは、目の前にいるような元気のない高齢者が増えていくのかな・・・」

 

と何だか今度は自分が暗い気分になってしまい。。。

 

母親の悩みを解決しようと起こした行動で、自分の将来までも憂うようになってしまったのでした。

 

 

「60代以上のおしゃれマダムの写真集」が教えてくれたこと 

そんなことを考えてしばらく経ったある日、私がスタイリストの活動を始める決意を固めた、まさに【運命の本】と呼ぶべき本と出合います。

  

それが・・・こちらの「60代以上の女性」をテーマにしたファッションスナップ写真集

f:id:nomoto_shoko:20190824234934j:plain

 

今から4~5年前くらいだったと思うのですが、テレビなどで取り上げられていたこともあるので、ご存知の方もいるのではないでしょうか?

 

私が初めてこの本に出合ったのは、メディアで取り上げられる少し前。

たまたま立ち寄った本屋で特設コーナーが組まれていて、発見した瞬間、直感で「この本に私の答えが書かれている!!」そう思って、すぐにいくつかの本を手にしていました。

 

 

早速自宅に戻って本を開くと、そこには・・・

  •  姿勢よく
  •  生き生きとした表情で
  •  人生を楽しむ様子が写真からも伝わってくる

素敵な、チャーミングな、そしてカッコイイ60歳以上の女性たちの姿が。

 

写真の中の表情を1つ1つ見ていると、自分にも元気を分け与えてもらっているようで、見ている私も明るく楽しい気持ちに。

 

 

そして本を読み終えた私は、こう思ったのです。

 

「いくつになっても、服を選ぶ自由やおしゃれを諦める必要はないんだ!」

 

年を取ったからといって、

いかにも高齢者らしい服装をする必要はない。

「いくつになっても人生は楽しめるんだ!!」 と。

 

 

そう考えていると、不思議と自分の将来に対する不安も晴れていくような気がしました。

 

 

"母の悩み" そして "本との出会い" で私が決意したこと 

"専業主婦だった母の人生"、"服の悩み"を重ねて、

「また母が自分の人生を諦めてしまう」

 そう思った私。

 

 

専業主婦の母に限らず、

どんな人だって、歳を重ねれば段々とできなくなることは増えていきます。

でも、"歳だから" と言って諦めることばかり増やしてほしくない。

 

本の中に登場していた人たちが輝いていたように。

母だって、街で私が見かけた高齢者だって「毎日を元気に、人生を楽しく過ごす」自由があるんです。

   

そんな今を生きている親たちのために、
そして自分たちのために。
 
 「毎日を元気に、人生を楽しむ」
そのお手伝いを ”服の力” でしていきたい。

   

この想いを胸に、「50~100余歳専門のスタイリスト」として活動を始める決意をするのでした。 

 

【完全保存版】1から分かる!50代60代のためのパーソナルカラー

「今まで着てた色が、最近合わない気が・・・。パーソナルカラー診断って自分に似合う色が分かるって聞いたんだけど、どういうことをするの?」

「パーソナルカラーってよく耳にするけど、そもそも何をもって似合う色と分かるの?本当に信頼できる診断なの??」

このような疑問をお持ちの方へ向けた記事です。

 

 

個人向けファッションスタイリスト(パーソナルスタイリスト)の野本しょうこです。

プロのスタイリスト目線×子供目線から、親世代にあたる大人が素敵に見える服選びやおしゃれの情報を発信しています。

 

自己紹介はこちらから⇒ はじめまして - これからファッション~Korekara Fashion~ 

 

 

 

人生で様々な経験を積んできた50代・60代の皆さま。

パーソナルカラー診断に限った話ではありませんが、気になったことは、信頼できる情報なのかまずはちゃんと確認した上で、判断していきたいですよね。

 

本日はそんな50代・60代の方に向け、パーソナルカラー診断の基礎知識と信頼性をプロのスタイリスト目線で分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

パーソナルカラー診断とは?

いとつなぐ パーソナルカラーイメージ写真

 

パーソナルカラーとは・・・

自分自身の顔の色み(髪(地毛)、肌、目、唇) と相性のいい色

 

自分の色みと相性が良い、イコール 自分に合っているということ、

つまり「似合う色」を指します。

 

そしてその似合う色を調べる手法が「パーソナルカラー診断」です。

 

 

パーソナルカラー診断のメリット

顔にあたえるメリット

パーソナルカラーは顏の色みと相性のいい色ですので、身につけるとこのような効果が出ます。

 

・表情がいきいきと見える
・若々しく見える
・シミシワくすみが目立ちにくくなる

 
一方、パーソナルカラーではない色(=似合わない色)を身につけると、ここに挙げたことと逆の効果が出るということです。

 

スタイリスト目線から見るメリット

またファッションスタイリストの目線から見ると、このようなメリットを挙げることができます。

 

・色選びに迷うことが無くなり、買い物での失敗が減る
・毎日の洋服選び(色合わせ)に悩むことが減る
・似合う色を知ることで、今まで挑戦できなかった洋服の色にも安心してチャレンジができる
・苦手な色や自分のタイプ以外の色をどう着こなせばいいか分かる

 

特に、最後に挙げた「苦手な色や自分のタイプ以外の色をどう着こなせばいいか分かる」は、パーソナルカラー経験者でも意外と知らない人が多く、ぜひ覚えておきたいメリットです。

 


自分の似合う色を知るということは、「自分の特徴を知ること」になりますので、

 

「苦手な色や自分のパーソナルカラー以外の色をどう合わせれば、より馴染みやすくなるか」が分かるんですよね。

 

”基本が分かれば、応用もできるようになる”ということです。

 

こちらで具体例を解説しているので、よかったら見てくださいね▼

www.facebook.com

 

 

本当に信頼できる診断なの?

信頼できる診断かどうかを語る上で、触れておきたいのがパーソナルカラー診断の歴史です。

パーソナルカラー診断のルーツ

いとつなぐ パーソナルカラー 歴史イメージ写真

パーソナルカラー診断は1980年代のアメリカで誕生しました。今から約40年前のことです。

 

人間の色みに限らず「調和の取れた色彩」をテーマにした研究は、実は1980年代より前から存在しておりました。その代表例としてロバート・ドア「配色調和論」、ヨハネス・イッテン「色彩分類法」などが挙げられます。(理論の詳しい説明はここでは割愛します)

その後これらの理論を「人間に合う色」の点から体系的にまとめたのが、パーソナルカラーです。

 

日本には80年代後半バブル期の頃、海外に行く日本人が増えたことでアメリカから持ち込まれたと言われております。

 

つまり・・・

パーソナルカラー診断は「理論に裏付けされた、そこそこ歴史の長い診断」ということができます。

今や日本以外にも世界中で、色選びのアドバイスの方法として広く受けられていることを考えると、パーソナルカラー診断は、信頼できる診断と捉えていただいて良いのではないかと思います。

 

診断の流れと注意点

いとつなぐ パーソナルカラー 診断の様子


 パーソナルカラー診断の流れは以下のとおりです。

①服の色の影響が出ないように白いケープをかける
 ⇓
②顔の下に「ドレープ」と呼ばれる色布を1枚ずつ当てる
受けるサロンなどによりますが、基本は全8色×4種類=計32枚の色で調べます。
(4シーズン分類の場合)

例えば黄色なら春→夏→秋→冬、青色なら春→夏→秋→冬・・・と各タイプの布を当てていきます。
(タイプについては後ほど詳しく解説します)
 ⇓
③各ドレープを当てた時の顔のパーツの変化を見ていく
肌にツヤがある、目がキレイに見える、唇が血色よく見える・・・など良い変化が出た色が「似合う色」となります

 

なお診断を受ける際の注意点として、

女性はできればすっぴんの状態で受けていただくことをオススメします。

 

例えばカバー力の高いファンデーションを使っていたり、厚めに塗っていると、肌の変化が変わりづらく、プロでも正確な診断が難しいケースがあります。

また本来の肌の色みと異なる色のファンデーションを使っている場合も同じです。

(パーソナルカラー診断の結果が昔受けたものと違うという原因の1つでもあったりします)

 

どうしてもお化粧をしなくてはいけない場合は、薄づきのファンデーションやフェイスパウダーなど薄化粧で受けていただくことをオススメします。

 

また口紅やチークは、もとの肌の色や唇の色が分からなくなることから、私が診断をする際は、一時的にオフしていただくようにお願いしております。

 

パーソナルカラーのタイプ

パーソナルカラー4つのタイプ

パーソナルカラーはそれぞれのグループが持つ色のイメージから

「春(スプリング)・夏(サマー)・秋(オータム)・冬(ウインター)」

と四季の名称がつけられています。

 

以下でタイプごとの代表的な色の例を紹介していきますが、

初心者の方は、色を例えやイメージの言葉で押えておいていただくと、分かりやすいと思います。

 

春(スプリング)タイプ

いとつなぐ パーソナルカラー スプリング
・明るく鮮やかな色、カラフルな色のグループ
・色の例えやイメージ:フルーツや春の花(チューリップ、菜の花など)

 

夏(サマー)タイプ

いとつなぐ パーソナルカラー サマー

 

・明るく、かつ淡い色のグループ
・色の例えやイメージ:アジサイや水彩画、透明感のあるビー玉やかき氷


夏と聞くと、じりじりと太陽の日差しが照りつける真夏や南国の鮮やかな世界観をイメージされる方が多いのですが、

パーソナルカラーで言う夏は「梅雨」の時期、景色が濡れてどこか霞みがかったような色、グレーががった淡い色のイメージです。

 

秋(オータム)タイプ

いとつなぐ パーソナルカラー オータム
・あたたかく深みのある色のグループ
・色の例えやイメージ:紅葉(もみじやイチョウなど)、木の実(どんぐりなど)
エスニックなどの民族調の服にも用いられることの多い色のグループです

 

冬(ウインター)タイプ

いとつなぐ パーソナルカラー ウインター
・涼やかで濃淡の差が強い色のグループ
・色の例えやイメージ:クリスマス(もみの木やポインセチア)、蛍光色、雪が降った銀世界に映えるような白っぽい色み


クリスマスやネオンのような濃くはっきりとした色と、白っぽい色という濃淡の差が強い色が集まったグループです

 

パーソナルカラー診断は若い時に受けても、歳をとってから受けても結果は一緒?

結論から言うと、パーソナルカラーの結果は基本的には一生変わりません。

20代で受けても、50代60代で受けても結果は一緒です。

 

ただし条件によっては、似合う色が変わるということがあります。

 

例えば日焼けをして真っ黒になった・以前より肌が白くなったという場合・・・


・似合うタイプの中でも、暗めの色や明るめの色が似合いやすくなる

・1番似合うタイプ(ファーストシーズン)と2番目に似合うタイプ(セカンドシーズン)の差がかなり僅差の方は、結果が逆転する

 

ということはたまにあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
パーソナルカラー診断の基礎知識を信頼性について触れつつ、まとめました。


こちらの記事が皆さまの理解を深める助けになれば嬉しいです。

 

 

↓↓もしこちらの記事を気に入っていただいたら、Informationの下にある、記事のシェア・ブログのフォローボタンを押していってくださいね↓↓