これからファッション~Korekara Fashion~

これからファッション~Korekara Fashion~

「これからの人生どう楽しもう?」「どう生きていこう?」そんな思いを抱えるオトナの男性女性の皆さまへ。 50代からの個人向けファッションスタイリストがお届けするブログです。

「これからの人生どう楽しもう?」「どう生きていこう?」そんな思いを抱えるオトナの男性女性の皆さまへ。
50代からの個人向けファッションスタイリストがお届けするブログです。

【完全保存版】1から分かる!50代60代のためのパーソナルカラー

「今まで着てた色が、最近合わない気が・・・。パーソナルカラー診断って自分に似合う色が分かるって聞いたんだけど、どういうことをするの?」

「パーソナルカラーってよく耳にするけど、そもそも何をもって似合う色と分かるの?本当に信頼できる診断なの??」

このような疑問をお持ちの方へ向けた記事です。

 

 

個人向けファッションスタイリスト(パーソナルスタイリスト)の野本しょうこです。
50歳~100余歳の皆さまが、おしゃれをキッカケに「人生が楽しく、豊かになる」お手伝いをしています。

自己紹介はこちらから⇒ はじめまして - これからファッション~Korekara Fashion~ 

 

 

 

人生で様々な経験を積んできた50代・60代の皆さま。

パーソナルカラー診断に限った話ではありませんが、気になったことは、信頼できる情報なのかまずはちゃんと確認した上で、判断していきたいですよね。

 

本日はそんな50代・60代の方に向け、パーソナルカラー診断の基礎知識と信頼性をプロのスタイリスト目線で分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

パーソナルカラー診断とは?

いとつなぐ パーソナルカラーイメージ写真

 

パーソナルカラーとは・・・


自分自身の顔の色み(髪(地毛)、肌、目、唇) と相性のいい色

 

自分の色みと相性が良い、イコール 自分に合っているということ、

つまり「似合う色」を指します。

 

そしてその似合う色を調べる手法が「パーソナルカラー診断」です。

 

 

パーソナルカラー診断のメリット

顔にあたえるメリット

パーソナルカラーは顏の色みと相性のいい色ですので、身につけるとこのような効果が出ます。

 

・表情がいきいきと見える
・若々しく見える
・シミシワくすみが目立ちにくくなる

 
一方、パーソナルカラーではない色(=似合わない色)を身につけると、ここに挙げたことと逆の効果が出るということです。

 

スタイリスト目線から見るメリット

またファッションスタイリストの目線から見ると、このようなメリットを挙げることができます。

 

・色選びに迷うことが無くなり、買い物での失敗が減る
・毎日の洋服選び(色合わせ)に悩むことが減る
・似合う色を知ることで、今まで挑戦できなかった洋服の色にも安心してチャレンジができる
・苦手な色や自分のタイプ以外の色をどう着こなせばいいか分かる

 

特に、最後に挙げた「苦手な色や自分のタイプ以外の色をどう着こなせばいいか分かる」は、パーソナルカラー経験者でも意外と知らない人が多く、ぜひ覚えておきたいメリットです。

 


自分の似合う色を知るということは、「自分の特徴を知ること」になりますので、

 

「苦手な色や自分のパーソナルカラー以外の色をどう合わせれば、より馴染みやすくなるか」が分かるんですよね。

 

”基本が分かれば、応用もできるようになる”ということです。

 

こちらで具体例を解説しているので、よかったら見てくださいね↓

www.facebook.com

 

 

本当に信頼できる診断なの?

信頼できる診断かどうかを語る上で、触れておきたいのがパーソナルカラー診断の歴史です。

パーソナルカラー診断のルーツ

いとつなぐ パーソナルカラー 歴史イメージ写真

パーソナルカラー診断は1980年代のアメリカで誕生しました。今から約40年前のことです。

 

人間の色みに限らず「調和の取れた色彩」をテーマにした研究は、実は1980年代より前から存在しておりました。その代表例としてロバート・ドア「配色調和論」、ヨハネス・イッテン「色彩分類法」などが挙げられます。(理論の詳しい説明はここでは割愛します)

その後これらの理論を「人間に合う色」の点から体系的にまとめたのが、パーソナルカラーです。

 

日本には80年代後半バブル期の頃、海外に行く日本人が増えたことでアメリカから持ち込まれたと言われております。

 

つまり・・・

パーソナルカラー診断は「理論に裏付けされた、そこそこ歴史の長い診断」ということができます。

今や日本以外にも世界中で、色選びのアドバイスの方法として広く受けられていることを考えると、パーソナルカラー診断は、信頼できる診断と捉えていただいて良いのではないかと思います。

 

診断の流れと注意点

いとつなぐ パーソナルカラー 診断の様子


 パーソナルカラー診断の流れは以下のとおりです。

①服の色の影響が出ないように白いケープをかける
 ⇓
②顔の下に「ドレープ」と呼ばれる色布を1枚ずつ当てる
受けるサロンなどによりますが、基本は全8色×4種類=計32枚の色で調べます。
(4シーズン分類の場合)

例えば黄色なら春→夏→秋→冬、青色なら春→夏→秋→冬・・・と各タイプの布を当てていきます。
(タイプについては後ほど詳しく解説します)
 ⇓
③各ドレープを当てた時の顔のパーツの変化を見ていく
肌にツヤがある、目がキレイに見える、唇が血色よく見える・・・など良い変化が出た色が「似合う色」となります

 

なお診断を受ける際の注意点として、

女性はできればすっぴんの状態で受けていただくことをオススメします。

 

例えばカバー力の高いファンデーションを使っていたり、厚めに塗っていると、肌の変化が変わりづらく、プロでも正確な診断が難しいケースがあります。

また本来の肌の色みと異なる色のファンデーションを使っている場合も同じです。

(パーソナルカラー診断の結果が昔受けたものと違うという原因の1つでもあったりします)

 

どうしてもお化粧をしなくてはいけない場合は、薄づきのファンデーションやフェイスパウダーなど薄化粧で受けていただくことをオススメします。

 

また口紅やチークは、もとの肌の色や唇の色が分からなくなることから、私が診断をする際は、一時的にオフしていただくようにお願いしております。

 

パーソナルカラーのタイプ

パーソナルカラー4つのタイプ

パーソナルカラーはそれぞれのグループが持つ色のイメージから

「春(スプリング)・夏(サマー)・秋(オータム)・冬(ウインター)」

と四季の名称がつけられています。

 

以下でタイプごとの代表的な色の例を紹介していきますが、

初心者の方は、色を例えやイメージの言葉で押えておいていただくと、分かりやすいと思います。

 

春(スプリング)タイプ

いとつなぐ パーソナルカラー スプリング
・明るく鮮やかな色、カラフルな色のグループ
・色の例えやイメージ:フルーツや春の花(チューリップ、菜の花など)

 

夏(サマー)タイプ

いとつなぐ パーソナルカラー サマー

 

・明るく、かつ淡い色のグループ
・色の例えやイメージ:アジサイや水彩画、透明感のあるビー玉やかき氷


夏と聞くと、じりじりと太陽の日差しが照りつける真夏や南国の鮮やかな世界観をイメージされる方が多いのですが、

パーソナルカラーで言う夏は「梅雨」の時期、景色が濡れてどこか霞みがかったような色、グレーががった淡い色のイメージです。

 

秋(オータム)タイプ

いとつなぐ パーソナルカラー オータム
・あたたかく深みのある色のグループ
・色の例えやイメージ:紅葉(もみじやイチョウなど)、木の実(どんぐりなど)
エスニックなどの民族調の服にも用いられることの多い色のグループです

 

冬(ウインター)タイプ

いとつなぐ パーソナルカラー ウインター
・涼やかで濃淡の差が強い色のグループ
・色の例えやイメージ:クリスマス(もみの木やポインセチア)、蛍光色、雪が降った銀世界に映えるような白っぽい色み


クリスマスやネオンのような濃くはっきりとした色と、白っぽい色という濃淡の差が強い色が集まったグループです

 

パーソナルカラー診断は若い時に受けても、歳をとってから受けても結果は一緒?

結論から言うと、パーソナルカラーの結果は基本的には一生変わりません。

20代で受けても、50代60代で受けても結果は一緒です。

 

ただし条件によっては、似合う色が変わるということがあります。

 

例えば日焼けをして真っ黒になった・以前より肌が白くなったという場合・・・


・似合うタイプの中でも、暗めの色や明るめの色が似合いやすくなる

・1番似合うタイプ(ファーストシーズン)と2番目に似合うタイプ(セカンドシーズン)の差がかなり僅差の方は、結果が逆転する

 

ということはたまにあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
パーソナルカラー診断の基礎知識を信頼性について触れつつ、まとめました。


こちらの記事が皆さまの理解を深める助けになれば嬉しいです。

 

 

↓↓もしこちらの記事を気に入っていただいたら、Informationの下にある、記事のシェア・ブログのフォローボタンを押していってくださいね↓↓

50代からの「はじめてのパーソナルカラー」 ~メイクカラー編~

個人向けファッションスタイリストの野本しょうこです。

50歳~100余歳の皆さまが、おしゃれをキッカケに「人生が楽しく、豊かになる」お手伝いをしています。 

自己紹介はこちらから⇒ はじめまして - これからファッション~Korekara Fashion~ 

  

 
本日のテーマは「自分に合う色づかい(メイク編)」

 

 

「なんでファッションスタイリストがメイクの話を??」と思われるかもしれませんが、
女性は服を変えると「髪形やメイクも合わせたい!」ということでご相談いただくことがあります。
 

メイクのテクニックや肌質に合うアイテム選びといったご質問は、その道のプロの方が詳しいですが、色選びでしたら私もお答えすることはできます^^

 

 


似合う色を知ることで、似合わない色の活かし方が分かる!

パーソナルカラー診断で似合う色を知ると、お客さまによっては
「似合う色以外の服やアイテムは、もう使えないですね」と言われることがあるのですが・・・

 

いえいえ、そんなことは決してありませんよ!!

 

自分に合う色を知る、

つまり「自分の特徴が分かる」からこそ、それ以外の色もどう活かせば良いのか分かるんです。

 

これもパーソナルカラーを経験した方を含め、意外に知らない人が多い事実。

 

元々持っているものが似合う色のものでなかった場合、それを全て処分してしまうなんてもったいないですからね。

どう活かせば良いかさえ分かっていれば、持っているものも活用できるというわけです。

 

似合わないメイクカラーはどうすれば「似合う」のか?

使ってもいいとは言われても、そのまま使えばやはり「似合わない色」

身につけたところで、せっかくの顔も引き立ちません。


ではどう使えばいいのか??

 

顔を引き立たせるため少なからず「似合うように近づける」必要があります。

 

 

その方法はいくつかありますが、
メイクの場合 ”色を混ぜる” 方法が1つ挙げられます。

 

洋服は色を変えることはできませんが、メイクの場合、絵の具のように色を混ぜて変えることができるのが良いですよね。

 

パーソナルカラーの基本「イエローベース/ブルーベース」とは

ここで必要になるのがパーソナルカラーの「イエローベース」「ブルーベースという考え方。

 

パーソナルカラー「春・夏・秋・冬」の4グループは

 ◇色全体が黄色みの強い「春・秋(イエローベース)」 温かみのある印象
 ◇色全体が青みの強い 「夏・冬(ブルーベース)」 涼しげな印象

という2種類に大別することもできます。

 

いとつなぐ パーソナルカラー イエローベース ブルーベース 50代 60代 70代 

例えばイエローベース/ブルーベースの人が、それぞれ相反するグループの色を使うと、顔の色みと馴染まず浮いてしまいます。

 

でも相反するグループの色も以下の方法で「似合う色と混ぜる」と、うまく馴染ませることができるのです!

 

◇イエローベース(春・秋)の人が、ブルーベースの色(夏・冬)を使いたい場合
⇒「イエロー系の色、もしくはゴールド系のラメやパール」が入ったアイシャドウやフェイスカラーを混ぜる

 

ブルーベース(夏・冬)の人が、イエローベース(春・秋)の色を使いたい場合
⇒「ブルー系の色、もしくはシルバー系のラメやパール」が入ったアイシャドウやフェイスカラーを混ぜる

 

 

事例紹介

言葉だけだと分かりにくいと思いますので、実例を見せて説明しますね。

 

私のパーソナルカラーは「冬・ブルーベース」です。

 

こちらの写真の左下にあるフェイスカラーは茶色に近い赤で、本来なら「秋・イエローベース」に似合う色。
つまり私がそのままつけると、似合わない色です。

 

そこで左上のブルー系のラメが多く入ったフェイスカラーと混ぜてみると・・・
比較画像が右の写真です。

 

いとつなぐ パーソナルカラー 似合うメイク 50代 60代 70代

 

 

どうでしょうか?

ラメ入りを混ぜた方が、より赤みを帯びた色になっていますよね。

 

 

こんな風に自分のパーソナルカラーに合わせ「イエローベース」「ブルーベース」のカラーを1つ買い足すだけで、自分に合った色に近づけることができるので、あれこれ買い直すより経済的ですよね。

 

 

余談ですが、私が講師を務めている介護美容研究所でも、先日この方法をやってみました。

 

いとつなぐ パーソナルカラー 似合うメイク 50代 60代 70代

 

ちょうど黄色と青色のカラーがあったのですが、活用方法が分からず全く使われていなかったそうで。 (写真のとおりまったく使用感がない・・・)

そこでパーソナルカラーの授業中、生徒さんの前でイエローベース・ブルーベースの口紅にそれぞれの色を混ぜて見せてみると「おぉ~」と歓声が上がってました(笑)

 


以上「はじめてのパーソナルカラー」メイクカラー編 でした。
次回は「洋服の色づかい」をテーマにお届けする予定です。

【50代以上向け】プロが解説!実は知られていないパーソナルカラーの常識

個人向けファッションスタイリスト(パーソナルスタイリスト)の野本しょうこです。

50歳~100余歳の皆さまが、おしゃれをキッカケに「人生が楽しく、豊かになる」お手伝いをしています。 

自己紹介はこちらから⇒ はじめまして - これからファッション~Korekara Fashion~ 

 

イベントや講座で、パーソナルカラー診断をやらせていただく機会がよくあるのですが、

診断をする側が当たり前と思っていることでも、一般の方からは「そうなんですか!」と驚きの反応をいただくことがあります。


パーソナルカラーって認知されてきてはいますが、皆さんに知っておいてほしい内容でも、まだ知られていないことってあるんですよね。

 


そこで本日は

「実は知られていないパーソナルカラーの常識」と題して、

これまでパーソナルカラー診断をやってきた中で、「知らなかった!」と反応が多かった知識を2つ紹介したいと思います。

   

こちらをお読みいただければ、パーソナルカラー診断経験者はもちろん、未経験の方もより診断に対する理解が深まるはずです。

 

 

 

パーソナルカラーの基本をおさらい

こちらの記事でも詳しく説明してますが、パーソナルカラーの基本を改めて確認しておきます。

 

nomoto-shoko.hatenablog.com

  

  • パーソナルカラー診断とは、「自分の顔の色み(髪の毛(地毛)・肌・目・唇)と相性の良い色、つまり似合う色を調べる診断」のこと
  •  パーソナルカラーは「春(スプリング)・夏(サマー)・秋(オータム)・冬(ウインター)」の4つのグループに分けられる。

以上の基本を踏まえて、

ここからパーソナルカラーの知られていない、でも知っておいてほしい、2つの常識をお話していきます。

  

その1:パーソナルカラーは「春・夏・秋・冬」のタイプに当てはまるとは限らない

診断で私がいつもお伝えするすることで、実は知られていないのが・・・

「全員が4つのタイプ(春・夏・秋・冬)どれかに当てはまるとは限らない」ということ。

 

 

ここで先ほどの基本に戻ってみましょう。

  • パーソナルカラー診断とは、「自分の顔の色みと相性の良い色を調べる診断」のこと

 

別の言葉で言いかえれば、

「パーソナルカラー診断は顔の色みの特徴が、4つのグループどれに当てはまるかを導く診断」ということができます。

 

一方で性格が人の数だけあるように、顔の色みも千差万別であることは皆さんお分かりのはず。

 

つまり・・・

顔の色みが4つのどれかに当てはまらないケースがあっても、実はおかしくないんです

 

 

「パーソナルカラーとは春・夏・秋・冬の4つがある」という事実が広く知れ渡っている分、
「いずれかのタイプに属さないのは何だか気持ち悪い」と思う方がいるようで「タイプで言うとどれになるんですか?」と聞かれることもあるのですが・・・。

 

実は、無理にタイプでくくってしまうより、くくらない方が選べる色の範囲が広くなることもあるのです。

 

そもそも「似合う色を調べる」パーソナルカラー診断なのに、タイプを決めることで似合う色が狭まってしまうなんて本末転倒ですからね。

 


また過去に診断を受けたことのある方で「似合う」と言われたタイプの色から服を選んでいるけど、あまりしっくり来ない・・と感じる人は、

もしかしたらタイプという軸ではなく、今述べたようなタイプ以外の軸で見るといいのかもしれません。

 

その2:パーソナルカラーを知ると、似合う素材が分かる

「パーソナルカラー診断で似合う色が分かる」ことは周知の事実ですが、似合う色が分かると 似合う素材も分かるようになります。

 

こちらについては、事例を交えながら説明した方が分かりやすいので、次で解説していきますね。

   

事例紹介

nonowaラボご参加の50代女性の場合

ここでnonowaラボのワークショップに参加いただいた方の事例を紹介します。

まずは診断結果について。似合う色はこちらのとおりです。

いとつなぐ パーソナルカラー

似合う色の一例(赤枠が似合う色)

 

ドレープを当てた結果は

  • 暗い色・くすんだ色、顔の下に当てるとどれも肌の色がくすんでしまう
  • 淡い色グループの夏タイプはすべてNG
  • 一方で「鮮やかな色・濃くはっきりとした色」はグループ関係なく、全般的に合う

 

まさに先ほど述べた「4つのタイプに当てはまらない」という結果になりました。

 

この方を仮にタイプに分けるとすると、似合うのは「春・冬」となります。

ですが「春と冬の淡い色(難しい言葉でいうと中~低彩度の色)が似合わないので、それを避けてください」という分かりづらい説明をしなくてはいけないですし、

「じゃあ秋の似合っている色はどうするの??」と結果に矛盾が出てきてしまいます。

 

事例のように、タイプでのくくり方もうまく行く場合と行かない場合があるということは、診断を受ける側も知っておいていいと思います。

 

似合う色なのに、地味に感じてしまうのはなぜ?

また診断を受けたご本人は、こんなことをおっしゃってました。

「職業柄、人前に出ることが多く、多少目立つような格好もしたいと思っている。
でもあれこれ考えてると、いつも無地の白シャツに黒パンツといった無難な格好になって、なんとなく地味に感じる」

  

こちらを読んで「あれ?」と思った方、さすが鋭いです(笑)


先ほど上の図で示した通り、実は白黒はお似合いの色。

なのにご本人は「地味に感じる」と話しているのです。一体なぜなのでしょうか??

 

地味に感じる理由はパーソナルカラーが関係している?!

ここで出てくるのが、「似合う素材」という視点です。

 


この方は「鮮やかな色」、つまり「華やかな色」がお似合いという結果でした。

 

華やかな色がお似合いの方は

色と同じく素材にも「華やかさ」が出るものを選ぶ とより顔が引き立つのです。

  

具体的には”貴金属、プラスチックなど人工的な素材、サテン地、シルク、ラメ、スパンコールなど・・・”

「艶やか・キラキラしている・光沢感のある素材」 がキーワード。

 

このような素材を取り入れると、顔なじみが良くなって、表情がさらに引き立ちます。

 

 

ご本人に聞いたところ、いつも着る白シャツと黒パンツは綿など光沢感のない素材とのこと。 

鮮やかな色がお似合いになる人が、光沢感のない素材を上下で合わせると、とても地味な印象に映りやすいんです。

(それでも綿素材のトップスを着たい!という場合は、例えばポリエステルなど化繊の割合が高いものを選んだ方が、化繊の光沢感があって、まだ顔なじみが良くなります)


こんな風にパーソナルカラーを知ることで、似合う素材も分かるようになるんです。

 

 

「鮮やかな色がお似合いになるお顔立ちなのに、地味に写るなんてもったいない!!」

 

というわけで、

  • 白黒の上下の場合は、例えば光沢感あるサテンやシルクのブラウスにパンツを合わせるなど、顔回りの服の素材を変えてみる

  • あとはせっかく鮮やかな色が似合うので、アクセサリーなどで1つ鮮やかな色を取り入れてみる

と私からはアドバイスをさせていただきました。

 

 まとめ

今日は「実は知られていない、でも知っておきたいパーソナルカラー診断の常識」をお客様事例を混ぜてお話をしました。

お伝えした内容は以下の2点です。


①パーソナルカラーは顔の色みによっては、春・夏・秋・冬のいずれかに分かれるとは限らない

②似合う色が分かると、似合う素材も分かる

 

この記事をご覧いただいた皆さんが、パーソナルカラー診断の理解を深め、興味を持つキッカケを持ってくれれば嬉しいです。

 

↓↓こちらの記事を気に入った方は、Informationの下にある「記事をシェアする」もしくは「ブログのフォローボタン」を押していってくださいね↓↓